本文へスキップ

精神科・内科・消化器内科

当院についてAbout us

院長あいさつ | 常勤医 | 病院概要 | 病院沿革 | 臨床研修・実習

院長あいさつ

院長写真 長い冬もようやく終わりを告げ、春めいてきた今日この頃です。
皆様におかれましてはお変わりございませんでしょうか。

 さて、私は、今、期待すると同時に、応援しているものが『二つ』あります。

 一つは、阪神タイガースです。今年は有望です。鳥谷、福留、糸井といったベテラン勢に、新加入したロサリオ。加えて、復活が予想される藤波。彼らが力を発揮すれば、優勝はまちがいないでしょう。

 もう一つが、新しい「認知症治療薬」です。

 すでに認知機能を一時的に改善する薬は存在しますが、根治薬はありません。多くの企業が開発に力を入れていますが、なかなか、難しいとされています。しかし、私の“カン”では、そろそろ「見通し」が立つような気がします。

<以下は、床屋談義のようなものとして聞いて下さい>
 アルツハイマー型認知症は、「アミロイドβ」という物質が長い時間をかけて脳内にたまった結果、発症するとされています。すると、アルツハイマーを予防したり、改善したりするには、「アミロイドβを減らせばいいんじゃない」といった話になります。

 アミロイドβは、コレステロールと同様、正常な細胞から産生されます。また、通常の量では問題になりませんが、過剰に蓄積されると病気を引き起こす点も似ています。そう考えると、コレステロールを下げる薬のように、アミロイドβを下げる薬があってもおかしくはありません。

 ただ、すでに認知症をきたしている患者さんが、アミロイドβを減らす薬を飲んだからといってどれくらい認知機能が元に戻るかというと、そこはよく分かりません。動脈硬化の進んだ患者さんが、コレステロールの薬を飲むのと似ているように思います。

 認可に至らなかった薬の中には、「認知症のもっと初期であれば、効果を示せたのではないか」と思われるものもあります。また、「アルツハイマー」になりそうな人(脳にアミロイドβがたまっている人)を少量の血液で判定できる時代が来そうです。するとPETのような大がかりな検査をしなくても、簡単に対象者を集めてくることができます。

 そこで、その人達に開発中の薬を試してもらい、まずは本当に脳内のアミロイドβが減少するかどうかを確かめます。それが確かめられれば、次に、その薬を飲んでアミロイドβをコントロールすると、アルツハイマーになりにくくなることを証明します。このようにステップを踏んだ方が、認知機能の改善を直接証明しようとするより結果的に早い気がします。

 何かに期待し、応援していると『希望』が湧いてきます。皆さんも何かを応援してみませんか。

 追伸:5月19日に『第9回健康を考える集い』を開催します。80人位、集まる会です。認知症のシンポジウムも行いますので、是非、ご参加ください。


平成30年4月

  医療法人回生会 秋田回生会病院  院長 松本 康宏

常勤医

院長
松本 康宏
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
副院長
戸澤 琢磨

出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
   日本医師会認定産業医
診療統括部長兼入院診療部長
塚本 佳
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
外来診療部長
佐藤 佳子
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
   日本医師会認定産業医
内科診療部長
阿部 徹
出身 秋田大学
資格 日本内科学会認定内科医
   日本消化器病学会 消化器病専門医
   日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
   ICD
   日本医師会認定産業医
診療科長
黒沢 諒
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
診療科長
舛川 仁
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医
   日本精神神経学会指導医・専門医
   日本医師会認定産業医
診療科長
佐藤 亘
出身 秋田大学
資格 精神保健指定医

病院概要

病院理念

患者様との心のふれあいを大切にし、親身で良質かつ安全な医療を提供するように努めます

基本方針

  1. 患者様に信頼され、安心される医療を行います
  2. 医療の質を高め、安全を追求するよう努力いたします
  3. 患者様の人権を尊重し、個人の尊厳を守ります
  4. 高い倫理観と医療技術を有した人材の育成を図ります
  5. 良質な医療を提供し、より地域社会に貢献できるよう努めます

概要

法人名 医療法人 回生会
事業所名 秋田回生会病院
診療科目 精神科・内科・消化器内科
所在地 〒010-0063 秋田市牛島西一丁目7−5
電話番号 018-832-3203
FAX番号 018-831-8780
開院 昭和6年6月1日(法人 昭和26年6月21日)
管理者 院長 松本 康宏
定床
病棟構成
病床数 402床
病棟 東1病棟 (精神療養病棟) 60床
東2病棟 (精神療養病棟) 60床
東3病棟 (精神療養病棟) 60床
西1病棟 (認知症治療病棟) 60床
西2病棟 (精神科急性期治療病棟) 42床
西3病棟 (精神療養病棟) 60床
西4病棟 (精神療養病棟) 60床
併設施設 訪問看護ステーション 「ひまわり」
生活訓練事業所 「紫陽花」
回生会グループホーム 「さくら荘」「あやめ荘」

平成30年4月 現在

病院沿革

昭和6年6月1日
開院 病床数:32床
昭和9年8月
病室増築竣工 病床数:36床
昭和11年12月
病室増築竣工 病床数:59床
昭和14年9月
病室増築竣工 病床数:83床
昭和16年10月
病室増築竣工 病床数:121床
昭和25年5月1日
精神衛生法が制定される
医療法人制度が制定される
昭和25年12月
病室増築竣工 病床数:150床
昭和26年6月21日
医療法人回生会 法人設立
昭和27年9月
管理棟竣工
昭和27年12月
病室増築竣工 病床数:182床
昭和30年4月
病室増築竣工 病床数:213床
昭和33年4月
病室増築竣工 病床数:284床
昭和37年12月
病室増築竣工 病床数:320床
昭和40年4月
病室増築竣工 病床数:355床
昭和44年10月
病室増築竣工 病床数:375床
昭和48年4月
病室増築竣工 病床数:402床
昭和51年10月
病棟改築竣工
昭和55年1月
管理棟増改築竣工
昭和58年12月
療法グランド完成
昭和62年12月
開放病棟増改築竣工
平成6年4月
3階開放病棟増改築竣工
平成18年7月
東病棟・西病棟増改築竣工
平成19年2月
精神科急性期治療病棟開設
平成26年6月
認知症治療病棟開設

臨床研修・実習

当院は、秋田大学医学部附属病院、秋田赤十字病院、中通総合病院の医師臨床研修協力病院となっております。また、日本赤十字秋田看護大学看護学部、中通高等看護学院の実習施設となっております。



医療法人回生会
秋田回生会病院

〒010-0063
秋田市牛島西1丁目7-5
TEL 018-832-3203
FAX 018-831-8780