依存症関連プログラム

依存症は、専門機関での治療や支援が必要な病気です

依存症は、誰でもなりえる「病気」です。「意志の弱さ」や「根性」の問題ではなく、アルコールや薬物、ギャンブル等への欲求を抑えきれずに使用を続け、心身および社会的な問題が起きる病気のことをいいます。ご本人のみではなく、ご家族や周囲を巻き込むこともあります。当院では、外来および入院治療を行っております。ご相談はご本人からでも、ご家族からでもかまいません。お気軽にお問い合わせください。

厚生労働省パンフレットPDF

依存症関連プログラムのご案内

当院は依存症専門医療機関に選定されており、下記の専門プログラムを実施しています。
◎アルコール依存症当事者支援プログラム 「Sun ミーティング」
◎ギャンブル依存症当事者支援プログラム 「Sun-G ミーティング」
◎依存症当事者の家族支援プログラム 「SunSun ミーティング」
◎アルコール依存症当事者入院プログラム 「KARP」
※詳細はページ下部の各パンフレットをご確認ください。

◎アルコール依存症当事者支援プログラム「Sun ミーティング」

◎ギャンブル依存症当事者支援プログラム「Sun-G ミーティング」

◎依存症当事者の家族支援プログラム「SunSun ミーティング」

◎アルコール依存症当事者入院プログラム「KARP」

※2021年3月からの実施内容を例として掲載しています。
 内容は変更となっている場合がありますので、詳しくは随時お問合せください。

◎依存症で悩む全ての方へ

治療で重要な柱が「つながり」です。つながりが多ければ多いほど、回復に向かいやすくなります。
逆に孤独な状況だと、依存症はいつまでたっても良くなりません。

相談するには、勇気がいります。「恥ずかしい」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「つながること」ができれば、楽になります。私たちはそういう人をたくさん見てきました。

私たちと一緒に回復への道のりを歩みませんか。まずは気軽にご相談いただければ幸いです。